回復につながらない考え方
 

回復につながらない考え方

  1. ダルクに本人が行こうとしない。どうすれば行くようになるのか?
  2. 薬を止められた人もいるかもしれないが、我が家の場合はダメかもしれない。
  3. 入院したり、逮捕されたりすればクスリを止めてくれるのでは?
  4. 「仕事に就く」など生活状況が変われば、「薬を使わなくて済む」と考える。
  5. 「本人たちの自助グループ」の中で、他のクスリを使うことを覚えてしまうのでは?
  6. 身体が心配である。本人の健康を守るのも家族の責任ではなかろうか?
  7. ダルクなどに行くより、「もっと早くてよい方法」は無いだろうか?
  8. 本人は「自分の問題だから」と言い、家族が家族会に行くのを嫌がる。
  9. ダルクには専門化がいないので頼りにならない。
  10. 「ハイヤーパワー」とか「平安の祈り」などが宗教を連想させ、どうも馴染めない。
  11. いろいろな本を読んだり、専門家の講演を聞けば、早く本人を助けられるのでは?
  12. 今はしばらくクスリを使用していないようだが、これからが心配だ。
  13. さまざまな理由をあげて「ミーティングに出ても意味が無い」と本人が言う。
  14. 「薬は止めるが、酒は止めない」と本人が言う。アルコールなら問題ないか?
  15. かかりつけの医師が「処方は続けるように」勧める。
  16. スリップするのが怖い。二度と立ち直れないのではないか。
  17. すでに本人がダルクに入寮・通所しているので、家族会へは行かないで済む?

ゆっくりだが確実に回復する考え方

  1. 自分だけでも家族会に参加し続けよう。
  2. どんな薬物依存症者も必ず回復する。
  3. 自由な社会でたくさんの回復者に出会うことが大切だ。
  4. 「回復へのプログラム」を徹底することが、他の全ての社会生活よりも優先する。
  5. 薬物依存からの回復に、クスリの量や種類は関係ない。
  6. 本人の回復は本人の責任。家族の病気(共依存など)からの回復は家族の責任。
  7. 「もっと良い方法を求め続けた家族」が知恵を分かち合うのが家族会である。
  8. 家族は「薬物依存症者のため」ではなく「家族自身の回復のため」に行動する。
  9. 「薬物依存を理解している専門家」はダルクを支持している。
  10. 宗教心ではなく「回復への信仰を取り戻すこと」が大切である。
  11. 回復には時間がかかる。あせらずにゆっくりやろう。
  12. 不自然な忍耐は永続きしない。「正直になるプログラム」につながることが大切。
  13. グループでは嘘が重荷になる。誰でも「正直になること」は怖いものだ。
  14. 「正直さ・謙虚さを必要としない楽な方法」はすべてクスリである。
  15. 自助グループ参加より、デイケア通院や処方の継続を優先する医師には要注意。
  16. まだプログラムを始めていない人の「再使用」はスリップ(失敗)とは言わない。
  17. 家族の回復は本人よりも時間がかかる。「病気は授かり物」と言える日を楽しみに!