薬物依存症とは
 

この病気は、使っている本人に取りつくだけでなく、周囲のあらゆる人を引きずりこみます。そして、人生を破壊し希望を打ち砕き、お互いの繋がりを断ち切ろうとします。
 家族が「依存者のせいで、私はこんなに苦しんできた」と恨みを感じているとしたら要注意。
 家族を苦しめたのは「依存症」という病気なのに、その病気の犠牲になった人間同士が責め合い、心を凍らせている。この病気に抵抗するより、降参する方が楽です。病気からどうやって抜け出せばよいのでしょうか。

 ■■ 背負い込んでしまう ■■■

 薬物使用の問題が進行するにつれて、家族の心に2つのことが起こります。
1つは、「私がこの人を何とかしなければ」。そして、注意したり説教したり、責めたりして薬物依存症者をコントロールしようとするようになります。
もう1つは、「この人の分まで、私が何とかしなければ」。重たいものを全て自分の中に抱え込んで「私が自分で何とかしなければ」と努力するのです。
本当なら、薬物依存症者本人が背負うべき責任を、自分で背負い込んでしまう。こうして、依存症という病気は、家族を巻き込んで、【共依存】という名の罠に引き入れてしまいます。
目の前のあらゆることが自分の責任となってのしかかってくる。こんな状態では、どこまでが自分の責任で、どこからが相手の責任か分からなくなります。

 ■■ 孤独感 ■■

 身内や友人は、たいていの場合見当はずれのアドバイスをします。いわゆる権威ある人たちも、しばしば間違った助言をします。
「もっと愛情を持って接してください。」
「家庭環境に問題があるのでは…。」
 その都度、家族は右往左往し、責められて傷つき、自信をなくしていきます。周囲の無理解の中、矢面で立っている家族は、「共依存」の罠にどんどんはまっていきます。
 こうして、家族が孤立して行く間、実は依存症者本人も孤独の中に追い詰められています。

 ■■ 責任の取り違え ■■

 依存症者が薬の離脱症状で暴れます。物を投げて壊そうが、ドアを蹴破ろうが、家族は即座に処理をします。「近所に知られたら大変」と、依存症者がどんな騒ぎを起こしても、翌朝には何事もなかったかのように片付けてしまう。
 大変な状況に置かれていると、「私さえ我慢すればいい」と、その状況に慣れていくのです。自分の気持ちにはシャッターを下ろして、自体を収拾するために体が自動的に動きます。いつも周囲の状況を見張っていなければならないため、自分に目を向ける余裕がなくなります。したがって、自分を主体にした会話がなくなります。
「○○に××と言われた。」
「○○がこんなことをした。」
こうして共依存にはまり込んでいくのです。共依存にはまり込むと、「私が何とかしなければならない」問題だけが山積みとなり、傷だらけの状態で果てしなく周囲をコントロールし続けることになるのです。
 薬物使用の問題を解決する責任は、本来誰にありますか?

 ■■どうしてこんなことに… ■■

 サラ金に借金をして返せずに、それを家族が肩代わりした。本人が起こした事故の尻拭いをした。これだけ自分を押し殺し、犠牲となって頑張ってきたのに、事態は全く変わらない。それどころか、ますます手に負えなくなっていきます。期待はいつも裏切られ、家族がやることなすことは全て裏目に出ます。
 家族はありとあらゆる手段を使って薬物使用をやめようとし、本人はありとあらゆる手段を使って薬を使おうとするのです。まさに病気という悪魔の計画通り、家の中は疑いと監視、嘘と裏切りが横行します。後悔や自責感、絶望を募らせます。家族の中で、「犯人探し」が始まることもあります。「親の育て方が悪かった」「父親も酒飲みだ」などと…。解けない疑問を前にして、家族みんなが傷ついていくのです。
 依存症者が家族を傷つけ、嘘をついてまで薬を使い続けるのはなぜでしょう?

 ■■病気だったのです ■■

 家族会に参加して、病気だったことが分かり、ホッとしたことでしょう。今まで同じ悩みを持ち、同じことをしてきた仲間に会ったことは、大きな一歩と言えるでしょう。
 家族は長いこと、解けない疑問を前に悶々としてきました。理由を考えれば考えるほど、怒りや苦しみ、恨みや自責感が膨らみ、自分を傷つける結果になっていました。本当の理由はただ一つ。「病気だから」。依存症者本人は、意思薄弱なのではなく病気なのだ。しかし、病気だと言われたからといって、帳消しに出来るようなものではない。家族みんなが悪魔に囚われている状態から、まずはあなたが楽になることが必要なのです。病気だと知ることで、完全に納得はいかなくても、少しは楽になれます。
 依存症は進行性の病気です。本人にも、家族にも、いつから病気が始まったのか分かりません。いくら自制心を効かせようと思っても、繰り返し説教をされてもどうにもなりません。
「薬物使用をコントロールできない」のが症状の一つ。
 もう一つは、「離脱症状」の苦しさからまた使ってしまうこと。薬を手に入れるためなら、どんな理由付けもします。あらゆる手段を利用します。周囲の信頼を裏切るし、嘘もつきます。全てのエネルギーを薬物使用に使うことしかない状態に追い込まれているのです。
 依存症者がここから抜け出るには、一人の力では無理です。
 病院で、身体の安全を確保しつつ、解毒治療をする(1〜2週間)。
 自助グループや中間施設で仲間と出会い、繰り返し自分の話をし、仲間の話を聞くことで回復を続けて行く。
 つまり、周囲の助けを借りながら「自分の問題を直視する」「自分に正直になる」ことが、回復の唯一の方法なのです。家族も同じことです。
 共依存からの回復は、とことん自分に正直に向き合うこと。自由になるにはそれしかないのです。

 ■■ 私がやらなくてもいいこと ■■

「依存症者本人のためでなく、あなた自身のためにやるべきことを全てやりましたか?」
 恨みや怒りをかかえ、傷ついたままで本人から離れても、別の場所で同じ生き方を繰り返してしまうことはないでしょうか?別れるのも選択の一つ。でも、その前にあなた自身の中に出来上がっているパターンを見つめてみましょう。自分が見えないままで、重大な決定をするのは避けた方がよいでしょう。まずは、自分が抱え込んできた重荷を下ろすことです。身軽にならなければ、次の行動を起こせません。
 薬物使用の問題は、あなたが何とかしなくていい。依存症者が少しでもまともに見えるように、あなたが取り繕わなくていい。それは本人の責任で、あなたの責任ではないからです。迷惑をかけた人に謝るのも、あなたの仕事ではなく本人の仕事です。そうやって、一人前の大人として扱うことが、本人のためにもなります。別の人が自分に代わって責任を取ってくれるから、使い続けることが出来るのです。

 ■■ 私は今、何を感じている? ■■

 依存症者本人のためでなく、自分の世間体のために尻拭いをしていた。
 自分の気持ちを正直に見つめてみましょう。自分を取り戻すことで、問題が整理され、周囲が見えるようになります。しかし、回復への一歩は、周囲ではなく自分自身に目を向けること。ひたすら自分に正直になることが唯一の方法です。
 しなくてもよいことをするのはやめる。これは大切なことです。けれど、問題を手放すことと、相手を突き放すこととは別です。これ以上に突っ張る必要はありません。助けを求めてよいのです。
 自助グループは安全な場所です。ありのままの自分を見せても、誰もが同じ体験を持つ仲間なのです。
「私は今、何を感じているのだろう?」
気持ちを感じるには、自分を主語にすることです。そして、これまで押し込めていた感情を、外に出してあげるのです。あなたが必要なものを自分に与えてあげてください。「私にはこれが必要だ」と自分に言ってください。
 きれいな空気が吸いたいと感じたら、自然の中を歩いてみる。自分が楽しむための時間を作りましょう。

 ■■治療を受けてほしいなら ■■

 問題を手放したら、家族が本人に対してできることは何もない…。というのは大きな誤解です。何より大切な仕事は、それは回復のための方法を本人に伝えることなのです。
専門病院や施設、そして自助グループに行くように勧めることです。体験者の中でプログラムをすることが回復のための唯一の方法です。

もう一つ家族ができることは、依存症という病気について勉強するだけでなく、回復を心から信じること。長いこと裏切られてきた家族は、信じることが難しくなっています。信じる力を取り戻すには、自助グループに出掛けて、一人でも多くの回復者に会うこと。回復者の話を聞き、回復を実感することです。
本人に治療を勧めるにはタイミングが必要です。使っている盛りに話しをしても、またこれから使おうとしているときに話しをしても、聞く耳をもってはくれません。薬が抜けて、後悔や自責感に囚われている時がよいでしょう。援軍を頼むのも賢い方法です。力を貸してくれる人と一緒に話しをする場を用意し、説得するのです。

 ■■依存症を親に持つ ■■

 依存症問題の中で育つ子どもたちの将来が心配だ…。多くの人がそう悩んでいます。子どもに期待したり、要求したりしてはいけないのは、次のことです。
☆ 愚痴の聞き役にしてはいけない
☆ 子どもを自分の「味方」に引き入れてはいけない
☆ 子どもを希望の星にしてはいけない
☆ 子どもに見捨てられ感を与えてはいけない
☆ 子どもを連絡係にしてはいけない
 上のことをした結果、子どもは父親の薬物使用や、母親の感情に対して、自分が何らかの責任を負わなくてはいけないと感じるようになります。こうして、子どもも共依存という罠にはまることになります。
 しかし、子どものためにできることもあります。依存症という病気の事を、子どもが理解できる言葉で伝えること。子どもには、親の面倒をみる責任はないことを、繰り返し確認してください。そして、これからどうしようと思っているのか、子どもに話しましょう

 ■■クリーンになった ■■

 薬物さえなければと長年期待をかけていただけに、断薬直後の本人の姿を目にして家族は失望するかもしれません。クリーンになってくると、本人は次のような状態によくなります。
☆ 落ち込んで元気がない
急に押し寄せる現実に、不安や恐れを抱いて憂うつになったりしやすい。
☆ イライラし、ちょっとしたことで腹を立てる
薬への渇望観から欲求不満になる
☆ あちこち体の具合が悪くなる
今までは薬で全身麻酔をかけていたようなもの。酔いがさめると感じられるようになります。
☆ 大きな顔で威張り始める
 クリーンを続けるということは、本人にとって、とてつもない大作業なのです。ただし、回復はあくまで自分のためであって、家族のためではないと気付くまでには少し時間がかかります。
 しかし、本人のこの状態に家族が付き合うのは、使っているころと変わりません。家族は家族で別の回復を目指すことです。医療機関や保健所などの家族教室、ダルクの家族会、ナラノンなどで気持ちを繰り返し語ることです。
 本人がクリーンになっていく過程で、家族とは次のようなことがよく起こります。
☆ 目の前の大きな目標を失った
 体の疲れは十分休んで癒しましょう。心の疲れは、一人でじっと休んでいても取れません。仲間と会ったり、家族会などで心を活性化することが必要です。
☆ これまでのような賞賛を得られない
周囲の評価で自分を縛った生き方を変えること。今まで、依存症者に振り回されてきた家族が自分たちの回復の場を求める時、自助グループや家族会に積極的に参加しましょう。
☆ 正気の相手との付き合い
家族に、依存症者の気分をよくしてあげる責任はありません。距離をおいて見守るしかありません。
☆ 平安な生活を楽しみましょう
 依存症者のことを考えて不安になる代わりに、そのエネルギーを自分のために使う。

 ■■ スリップが不安 ■■

 依存症は慢性の病気です。ちょっと油断して一度だけならと…。
 自分を見失わないためには、常に自助グループで過去を振り返り、現在を見つめ、徹底的に自分に正直であり続けることです。家族も何かの拍子に、再び共依存にはまっていくことがあります。スリップした時は、どのようにしたらよいのでしょうか。
☆ 使ったことを責めたり、理解を追及しない
 スリップは病気を認めるよい機会となることもあります。また、理由を追求したところで、理由などあってないようなもの。自分で気付く問題です。
☆ 助けの手を差し伸べる
 本人は何とか薬をコントロールしようとしながら連続しようへとはまっていきます。出来るだけ早く、自助グループや施設に自分で助けを求めるように勧めてください。
☆ 家族が助けを求める
 本人が助けを求められない場合には、まず家族が助けを求めましょう。スリップは共依存への落とし穴であると同時に、回復を見直すためのチャンスでもあります。

 ■■性の問題 ■■

断薬後の夫婦の多くが、性の問題に悩んでいます。誰かに相談しにくいだけでなく、夫婦で話し合うこともできず、一人で苦しんでいることがしばしばです。
正直さを取り戻しましょう。溜め込んでいる感情を信頼できる仲間や専門家のもとで語ってください。不安、恐れ、怒り、恨み…。繰り返し語って気持ちが整理されると、自分が何を望んでいるのか見えるはずです。
性はクリーンを続けるための道具や、相手をなだめるための道具ではありません。もちろん、復讐の道具でもないし、相手を支配する道具でもないのです。
どちらかが勇気を持って気持ちを伝えなければ、関係は育ちません。

 ■■会話にならない■■

長いこと本人は、薬を手に入れるために暴言や暴力で家族を支配したり、薬を使っては大きな赤ん坊のように家族に依存していました。
 しかし、本人はクリーンになったのだからいいだろうと思い、家族が何を不満に感じているのか分からないのです。クリーンでいるということは最終目的ではなく、新しい生き方を始めるための手段なのですから。
 家族がどんな関係を望んでいるのか、相手に伝えましょう。相手を思い通りに変えることは出来ませんが、自分の行動を変えることで関係は変わっていきます。自助グループなどで、仲間の中からお手本になる家族を見つけて、見習ったり、家族ぐるみの付き合いをするのもよい方法です。

■■依存症者の子どもについて ■■

幼い子どもたちは、たいてい父親の薬のせいで苦しむ母親の味方です。ところが、その子どもたちが成長するにつれて、親との関係が変化していきます。
 大きくなった子どものために、親が出来ることは何でしょうか?今も子どもを大切に思っていることを、言葉や行動で伝えましょう。過去のことについても、子どもが話せる機会を作りましょう。子どもの人格を尊重しましょう。そして、一番大切なことは、親が自分自身の人生を取り戻すこと。子どものために生きるのではなく、自分の人生を生きるのです。父親がシラフで生きていく姿、母親が生き生きしている姿。そして、夫婦が関係を作り直す姿を見せてあげることは、子どもへの大きな贈り物なのです。

 ■■家族の人生を生きる ■■

依存症者の家族を持つ人たちは、とても長いこと自分を犠牲にして生きてきました。自分のことではなく、周囲のことに一生懸命力を使ってきました。そのときは、そうせざるを得なかったのです。あなたはいつも、そのときの自分に出来る最善のことをやってきたのです。
興味のあることに挑戦してください。自分を癒したり、新しい生き方を身につけるために役に立つところに足を運んでください。